contents_bg

さしみシティ

長崎市で食べるお刺身が美味しすぎる
3つの理由。

おいしすぎる
海の幸にボツニュー

botsu new contents & spots

長崎に来たらお刺身を食べてほしい。と地元の人。
刺身を食べてからしか帰れない。と旅のリピーター。
長崎市にいるときだけ味わえるグルメが、お刺身なのです。

その美味しさの理由を3つご紹介します。

reason 1

1年中、どの季節でも
旬のお魚が食べられます。

日本本土最西端に位置する長崎の海は、世界稀な超優良漁場。魚の種類の豊富さは日本一。漁獲量は日本2位。つまり、1年中、どの季節に訪れても旬のお魚が抜群の鮮度でいただけます。

reason 2

職人の技と、ネットワーク。

魚の鮮度を決めるのは「魚を締める技」だと語る料理人も少なくありません。長崎のプロフェッショナルの「締め」の技は超一級。締めたお魚は、長崎ならではのネットワークで、スピーディに調理場へ。日本一豊かな魚種に対応してきた調理人の見事な包丁さばきでお刺身になります。漁船から板場まで、一気通貫!たくさんのプロが鮮度と美味しさを支えています。

reason 3

市民が愛してやまない、
お刺身専用の甘い醤油。

長崎の食卓には、お醤油が2種類あるのが一般的。1つは普通のお醤油、もう1つは刺身専用の醤油です。どんな食べ方でも間違いない美味しさのお刺身を、市民が愛してやまない「お刺身専用の甘い醤油」でいただくのが長崎流。甘いお醤油とのハーモニーが #さしみシティ の真骨頂です。

お刺身の美味しさにボツニューできるのは、このまちにいるときだけ。
何度リピートしても味わい尽くせない、豊かな海が待っています。