ボツニュー体験04

旅人の非日常を彩る
日常の長崎と絶景の
グラデーション

長崎には、独特な地形がたくさんあります。訪れた人にとっては、非日常の景色が広がっているはずです。三方を海に囲まれた長い海岸線、円礫浜、リアス式海岸、断崖などの表情豊かな景観、数多くある離島、斜面地を彩る夜景。そんな個性豊かな風景が長崎各地に点在しています。今回は、長崎空港に隣接する〈アナザーレンタカー〉で素敵な車をレンタルし、特別な絶景ドライブにご案内します。

contents

Nagasaki City Drive Map
botsu new experience day 1
point 01

洋食屋 向日葵亭

長年愛される、長崎名物「トルコライス」の隠れた名店

空港のある大村市からレンタカーで長崎市外海方面へ。外海ドライブの前に、定番のご当地グルメをめしあがれ。〈向日葵亭〉は、20年以上続くトルコライスの隠れた名店です。オープン当初は「向日葵風トルコライス」1種類だけでしたが、今では迷ってしまうほどの豊富なメニュー数を取り揃えています。ボリュームたっぷりな通常サイズから、スモールやSSサイズなど、量も選べるのは、美味しいものをたくさん食べたい旅の時は特にありがたいポイント。いつも賑やかな店内で、お腹いっぱい満たされて。

ゆったり過ごせる広々とした店内。また入り口横には、長崎出身の漫画家・渡辺航作の『弱虫ペダル』グッズが並ぶ、ファンの聖地でもあります!

INFORMATION

洋食屋 向日葵亭

TEL : 095-840-1860

長崎市京泊2-9-34

営:11:00~21:30(L.O.21:00)
休:不定

席:100席
 P:25台

View
more
point 02

永田憩いのひろば

外海の海岸線を絶景ドライブ

外海の海岸線は、雄大な大海原の風景や感動的に美しい夕陽が見られる格別なドライブコース。ちょっと寄り道できる〈永田憩いのひろば〉では、水平線の先まで見渡せます。

車を降りて、辺りを散策。外海の心落ち着く情景を感じてください。

point 03

峠茶房202

絶好のロケーションに没入

ドライブコースの道中にある〈峠茶房202〉は、景色を楽しむためには最高の場所。窓に沿った長いカウンター席の目の前には、視界を遮るものがない一面の絶景がずーっと向こうまで広がっています。

お店はシンプルな喫茶メニューが中心で、手作りの焼き菓子やパンなども販売しています。コーヒーを片手に、贅沢なロケーションの世界へ時間を忘れて没入。温かい光が差し込む空模様を、心ゆくまで鑑賞してください。

お店が建っているのは、空がすぐそこにあるような丘の上。

お洒落なマスターが淹れてくれるコーヒーでひと休み。静かな店内でゆっくりと用意してくれます。

窓際の特等席で、景色のスクリーンが目の前に。優しい味わいの焼き菓子と一緒にお楽しみください。

INFORMATION

峠茶房202

TEL : 0959-25-1920

長崎市永田町670

営:10:00-18:00
休:不定

View
more
point 04

道の駅 夕陽が丘そとめ

夕陽の丘で、雄大な水平線を眺める

外海ドライブの憩いの場所といえば、丘の上にある〈道の駅 夕陽が丘そとめ〉。売店でドリンクやおやつを買ったら、眺望のよいベンチでひと休みしましょう。晴天時は、陽光に照らされキラキラと輝く角力灘(すもうなだ)、日没時には夕陽に染まる空と海の絶景に出会うことができます。パノラマの風景に心を傾け、エモーショナルな感動体験を。

INFORMATION

道の駅 夕陽が丘そとめ

TEL : 0959-25-1430

長崎市東出津町149番地2

営:直売所 9:00~19:00(季節によって変動あり)
  レストラン ランチタイム11:00~15:00
休:直売所 1月1日~1月3日
  レストラン 無休

View
more

外海の絶景に癒されたあとは、市内中心部へ。すっかり日が暮れた街並みは、煌めく夜景に様変わり。光る長崎をバックに、稲佐山のホテルへと向かいます。

point 05

鮨ダイニング「天空」

世界文化遺産も眺望の中に。
食も空間も、贅を尽くすなら。

長旅の疲れは、極上のホテルと美味しいディナーで癒されたい。そんな想いを叶えてくれるのは、美しい眺めと憩いのひと時を提供する〈ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート〉です。世界に誇る夜景を鑑賞しながら、今夜は鮨ダイニング〈天空〉で旬な食材をいただくことに。

二人でゆっくりと食事を楽しむなら、個室がおすすめです。個室も海側は一面ガラス張りになっていて、ライトアップされた世界文化遺産「ジャイアント・カンチレバークレーン」やモナコ、上海と並び世界新三大夜景に認定された長崎の夜景を、小高い場所で望める特等席になっています。お待ちかねの食事は、「長崎戸石産 長崎とらふぐ三昧」で高級魚とらふぐの食べ尽くしコース。その前に、和食にも相性が良く、爽やかな飲み口のスパークリング日本酒で乾杯。次々と繊細な手しごとが施された品々が目の前に並びます。とらふぐの刺身や鮨、唐揚げなど、色々な食べ方で、長崎自慢の海の幸を召し上がれ。

どこにいても美しい眺めが広がります。長崎港を囲む斜面地にあるホテルも夜景の一部

とらふぐ刺しは何にも代え難い冬の美食
とらふぐの唐揚げは、やわらかでしっとりとした
刺身とはまた違う食感が美味しい

「長崎戸石産 長崎とらふぐ三昧」13,200円。三日前までの要予約

長崎県はとらふぐ養殖量日本一!
こだわりの「戸石とらふぐ」

養殖量日本一を誇る長崎県において、県下三大産地の一つに長崎市戸石地区があります。限られた人数しかいない戸石地区の養殖業者が、約1年半〜2年の長い年月をかけて育てる「戸石とらふぐ」は、こだわりと努力の結晶です。高品質な餌や日々徹底した入念な健康管理が、格別な美味しさを実現。生産者が愛情を込めて育てた「戸石とらふぐ」は、令和4年2月28日(月)まで開催している「戸石とらふぐ料理フェア」の期間中、参加飲食店でいただけます。

INFORMATION

鮨ダイニング「天空」

TEL : 095-864-7717

長崎市秋月町2-3 ガーデンテラス長崎 ホテル & リゾート 内

営:ランチ11:00〜14:00(L.O.)15:00閉店
  ディナー17:00〜21:00(L.O.)22:00閉店

View
more
point 06

デラックス-離れ-タワースイート

非日常で味わう
煌めきと安らぎのひととき

大満足なディナーをいただいたら、ラグジュアリーなゲストルームへ。本館のほかに2棟ある「離れ」の宿泊棟のひとつで、1フロアに2部屋ずつ客室が配置された3階建ての〈タワースイート〉。最上階の部屋を取り、着くや否やベランダの方へ。遮るものがない分、さらに目の前に世界遺産も含む煌びやかな夜景が広がり、包まれているかのようです。誰にも邪魔されない、上質で優雅なホテルステイに没入。

INFORMATION

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾート

TEL : 095-864-7777

長崎市秋月町2-3

View
more

│ botsu new column │ ボツニューコラム

アクティビティで五感を通して刻む、
長崎旅の思い出

ガーデンテラス長崎ホテル&リゾートには、地域を満喫できるアクティビティが用意されています。ここでしか見ることのができない風景、味わえない文化体験、感じることのできない空間。五感を通して、すべての瞬間が旅の思い出へと変換します。

シュガーロードヒストリー 桃カステラ作り体験

江戸時代、鎖国のもと海外との唯一の窓口であった出島には、当時大変貴重だった砂糖も荷上げされ、長崎から佐賀、小倉を通り江戸まで運ばれて行きました。その砂糖の道、長崎街道はシュガーロードと呼ばれています。砂糖が豊富に手に入った長崎で、贅沢に砂糖を使い誕生したお菓子の代表格がカステラであり、桃カステラは、中国で不老長寿の象徴である桃の実をかたどった縁起の良いお菓子。長崎では桃の節句の時に配られていますが、普通のカステラに比べ賞味期限が短く、全国的にほとんど出回りません。あらかじめ焼き上げられたカステラ生地に、ホテルのシェフと一緒に桃カステラならではのシュガーデコレーションします。桃カステラはお持ち帰りできます。

料金(1名) 3,300円(税込)

ほか、アクティビティメニュー

  • 漁師と行く!タイラバ釣りツアー
  • 光源寺 朝のお勤め体験
  • マジックアワー 空の紫陽花
  • 隈研吾建築の世界を堪能 プライベートホテルツアー
  • テラスで瞑想 morning YOGA session
  • など。
詳しくはこちら
logo 長崎街道シュガーロード

長崎街道
シュガーロードについては
こちらから

botsu new experience day 2

世界遺産と地形がもたらす
感動ドライブデイ

長崎旅・2日目は、稲佐山を照らす朝日が1日の始まりを知らせます。今日は、外海とは反対方向の長崎半島の南、野母崎方面へ出発。同じ海沿いドライブですが、造船所や大きな橋、軍艦島など、歴史ある建造物や世界文化遺産の絶景に没入できます。

point 07

   

絶景の中を走り抜ける快感

長崎港によって分断された二つの地域を結ぶ〈女神大橋〉。地元住民にとっては、日常の生活道路でもあります。ドライブの高揚感を一気に高めてくれる、堂々とした圧巻の姿で、「日本夜景遺産」として認定されている夜のライトアップも魅力的。爽快感に浸りながら、空の上を駆け抜けて。

国道499号沿いはもちろん、付近の駐車場などにもビュースポット多数

point 08

   

世界文化遺産をバックに雰囲気を演出

100年以上たった今でも現役で稼働する〈ジャイアント・カンチレバークレーン〉は、対岸の水辺の森公園からも遠望可能。造船のまち・長崎の発展と歴史を象徴する、世界文化遺産です。巨大なクレーンを背景に、素敵な一枚が撮れるはず。

水辺の森公園は、市民も愛する憩いの場。造船の音も聴こえてきます。

point 09

一水かな

漁師が営む食事処で、100%野母崎産の海鮮丼を

魚の美味しいまち・長崎を訪れたなら、地元の海鮮料理を味わわずには帰れません。県外各地から人気を集める海鮮丼のお店があると知り、車を走らせます。野母崎の中でも、奥まった地域に店舗を構える〈一水かな〉。いただくのは、店主が朝4時に自ら釣った魚を盛り付ける、地元・野母崎産の海鮮丼です。お値段はなんと800円!その日に獲れた新鮮な魚を使用するため、海鮮の内容は毎日変わるのだとか。長崎市南端の外れという立地にも関わらず、県外にまで噂が広まる理由がよく分かります。お手頃価格でいただける、海鮮グルメをご賞味あれ。

INFORMATION

一水かな

TEL : 095-893-2525

長崎市野母町3626

営:11:00〜14:00 18:00〜22:00(夜は要予約)
休:月曜休

View
more
point 10

Bremari

空と海にせり出した、ロケーション抜群のカフェ

海岸線を走るうちに、カリフォルニアスタイルなカフェが見えてきました。思う存分野母崎の絶景を堪能した後には、ドリンクをテイクアウトしてゆったりと休憩。こちらで楽しめるのは、空と海を180度見渡すことのできるテラス席です。迫力のある軍艦島を目の前に捉えることができたり、遥か先には外海方面まで見えていたり。建物が海岸線よりも海にせり出しているので、視界を邪魔するものもなく、このロケーションを独占した気分に。特別な絶景ドライブの最後を満喫してください。

フローズンドリンク「CitrusSisters」560円。注ぎながら凍っていく様を楽しめます。

INFORMATION

Bremari

TEL : 070-2372-0103

長崎市南越町191-1

営:11:30〜ピザの生地が無くなり次第終了
休:月曜、不定休

View
more
point 11

   

海に浮かぶ世界文化遺産

野母崎半島ドライブでしか味わえない〈軍艦島〉の景色。最も近くで眺めることができ、まさに”軍艦”の形をしていることに気付きます。その重厚な雰囲気は、どんな天候でも見る人の視線を釘付けにする存在感を放っています。

point 12

   

軍艦島をバックに雰囲気を演出

日本の最西南端に位置する権現山からは、雄大な海のパノラマ、果てしなく続く水平線の先には五島灘や天草灘、東シナ海、軍艦島などを一度に望むことができます。岬の展望台で日没を眺めながら、二人だけの世界に没入。

日常に戻る前の、最後の余韻に浸るための絶景。

│ botsu new column │ ボツニューコラム 茂木

あと一泊するなら、ぜひ茂木エリアへ

正面に熊本県の天草の島々、左側には雲仙普賢岳を見渡すことができる、茂木(もぎ)エリア。好漁港であり、びわの名産地でもあります。茂木びわは毎年5月中旬〜6月中旬が収穫期で、まちはより賑わいを見せる季節でもあります。一年中、その味を楽しんで欲しいと開発された「茂木びわゼリー」は、この地域のお土産としておすすめ。のどかで魅惑的な町並みは、ゆっくりとのんびりと深呼吸しながら散歩してほしい地域です。

月と朝日を愉しむ、小さな漁港のシーサイドホテル

悠々と流れる時間を過ごしたい人は〈月と海〉で宿泊を。長崎市中心部からバスや車で20分ほどの距離にあり、市内観光の宿泊先としても利用可能です。海側の客室の大きな窓からは、穏やかな橘湾と美しい月夜の風景を堪能できます。

港町の朝は朝の散策が気持ちいい。潮の香りを感じながら宿の周辺を歩くだけでも、この土地ならではの空気を吸い込むことができます。1階には目の前に海を望みながら食事が味わえる「波まち食堂mog」も併設。ゆったりとした空間で羽を伸ばせるホテルステイがここにあります。

INFORMATION

月と海

TEL :095-836-2920

長崎市茂木町2190-7

View
more
point 13

長崎雑貨 たてまつる

土産話に花が咲く、粋なデザインの数々

絶景旅を終えて市内中心部に戻ってきたなら、最後はお土産探しです。長崎らしさを情緒あるデザインで表現する〈たてまつる〉では、手ぬぐいやトートバッグ、ブックカバーなどの普段使いができる商品が並びます。長崎の名所やシンボルがモチーフとなっており、お土産選びをしながら、この長崎旅をもう一度振り返ることができる場所でもあります。

〈アーバンリサーチ〉とのコラボ商品を毎年製作する企画。今年のテーマは話題の〈恐竜博物館〉。今回訪れた外海や野母崎に関連するデザインを探してみるのも、楽しみ方の一つです。

ボツニュー体験04 botsu new experience 04

「暮らし」と「らしさ」を実体験。凝縮した長崎に没入できる旅。

職人たちとコラボした、
ナガサキメイドな作品たち
記事を見る

〈たてまつる〉が選ばれる理由は、長崎の歴史や文化をきちんと知ることができるから。商品にセットでついてくる「うんちくカード」には、描かれた絵柄に関する豆知識や小話が綴られています。自分用に、贈り物に、ちょっとした「うんちくバナシ」まで一緒に持って帰ってみてはいかがでしょうか?

長崎のシンボルが散りばめられた、トートバッグや斜め掛けのバッグなど各種5200円。

店主・高浪さん。長崎の雑学とともにおすすめの商品を紹介してくれます。

長崎が誇る芸術作家・山下南風のトートバッグ縦長のMサイズが7,700円(税込)、横長の大きいLサイズが8,800円(税込)。山下南風は、版画家・染色工芸家・切り絵作家など、マルチクリエイターの顔を持っています。”長崎らしさ”を残すべく、たくさんの作品に情緒ある長崎の風景を描き込めた伝承者。作品やグッズを通して、古き良き長崎の文化に触れてみてください。

INFORMATION

長崎雑貨 たてまつる

TEL : 095-827-2688

長崎市江戸町2-19

営:10:00〜18:30
休:火曜

View
more
point 14

うつわや洒舎

うつわ選びで、旅の思い出を暮らしの中へ

長崎に来てぜひ手に入れておきたい工芸品といえば、波佐見(はさみ)焼。市内中心部にも、波佐見焼の器を取り揃えたお店があります。〈うつわや洒舎〉は、細い路地にありながらも、観光客だけでなく地元の人も集う人気店。季節感を大事にするこちらでは、時期に合わせた食器や、年中行事の和雑貨なども販売されています。使い勝手が良く丈夫な波佐見焼は、シンプルモダンで日常使いもしやすいデザイン。 お気に入りの波佐見焼きを見つけて、日常に彩りを持たせてみませんか。

1階は日常使いがしやすいラインナップ。波佐見焼の種類も充実しています。
2階に上がれば全国から取り揃えた、より個性的な種類の器が楽しめます。
コレクションしたくなってしまう器好きなあなたは、
ぜひ店内をじっくり回ってみて。

波佐見焼の中で注目したいのは、筒山太一窯に所属する長山陽一氏の「アースブルー」シリーズ。日常使いのしやすい土物でありながら、深みのある青いカラーが人気です。

INFORMATION

うつわや洒舎

TEL : 095-825-4860

長崎市万屋町1-18

営:11:00〜19:00
休:水曜

View
more

│ botsu new column │ ボツニューコラム レンタカー

旅に、新しい光景を。
特別な車が借りられるレンタカーショップ

オープンカーや電気自動車、外国車など、車好きも満足させる人気車種がそろうレンタカーショップ〈アナザーレンタカー〉。長崎空港国際線側出口より徒歩1分の場所にあります。今回の旅では、電動オープントップの「FIAT」をチョイス。見た目もインテリアもかわいくオシャレなコンパクトカーで、長崎の旅を楽しんでみては。

INFORMATION

アナザーレンタカー

TEL :0957-47-8190

大村市箕島町593長崎空港第2ビル内

営:8:00~20:00
休:年中無休

View
more

SPOT MAPスポット位置情報