長崎のもざき恐竜パーク

太鼓の世界にボツニュー

恐竜の写真

長崎にどっぷりダイブ その新しいキーワードは

恐竜

海に浮かぶ軍艦島と、
その先に広がるNEWな世界

どこまでも続く水平線を遠目に、長崎の端っこを意識しながらドライブを楽しめる野母崎半島。長崎市の最南端に位置し、中心部からしばらく車を走らせ遮るものがなくなると、かつての栄華を偲ぶ廃墟の島、軍艦島が海の上に浮かぶようにぽっかりと姿を現し、時の移ろいと旅情に気持ちが溶け込んでいきます。
今回の目的地「長崎のもざき恐竜パーク」は、野母崎半島の西南端にあります。恐竜博物館、こども広場、軍艦島資料館、インフォメーションセンターなどで構成されている施設です。

なぜ野母崎に恐竜?

2010年に長崎県初の恐竜化石が発見されたのを皮切りに、1,300点以上、しかもすべて8,100万年前の貴重なもので、その全てが野母崎半島で見つかったのです。このことから、長崎半島一帯に恐竜の時代の地層があることがわかり「三ツ瀬層」と名付けられました。2014年には、国内初の体長10m級の大型種の歯の化石も発見され、長崎半島南部は、日本でも有数の恐竜スポットになったのです!日本で3番目となる恐竜博物館は、こうして誕生しました。

ホンモノの化石から ダイナミックな等身大レプリカまで!

こちらでは、常設展の展示総数は約180点、本物の化石から全長約13mものティラノサウルスの全身骨格レプリカなども展示されています。博物館としては珍しい一面窓を採用しており、美しく輝く広大な海に浮かぶ軍艦島の景色と恐竜の骨格レプリカのコントラストはまさにエモーショナル。 また、恐竜が地球を席巻する前の時代を含む、古代の生物のことが学習できるアイデア・ツールもたくさん盛り込まれているのも魅力。見て・さわって・遊びながら、いつの間にかどっぷりと恐竜の世界に引き込まれていきます。2階展示室に居る、全長約6m、超リアルなティラノサウルス科復元ロボットの迫力もポイント。

迫力ある骨格レプリカがたくさん
トードーの全身骨格レプリカ
トリックスの全身骨格レプリカ
全長約6m 超リアル 動くティラノ!!

触って学べる ハンズオン展示も!!

  • 触ってみよう ヨルギアとアンダルシアナ

  • クビナガリュウの骨を動かす

  • 目の獲得

  • 顎の獲得

本物

化石だけじゃない! ダイナソーワールドを体感

恐竜の化石などについての研究の様子を無料で覗き見ることができる「オープンラボ」のスペースでは、また違った角度で考察が深まります。恐竜博物館の外に出ても、恐竜デザインの遊具のあるこども広場や軍艦島資料館・インフォメーションセンター(カフェ併設)、時期になると花が咲き誇る水仙の丘などがあり、一日中ディープに楽しめるスポットです。軍艦島の姿も目の前にすると、ここにいるだけで悠久の時の流れに没入できます。

Nagasaki City Dinosaur Museum 長崎市恐竜博物館

公式サイトはコチラ

長崎市恐竜博物館
〒851-0505 長崎県長崎市野母町568-1
TEL.095-898-8000 FAX.095-898-8001